令和元年度 5月5日鎧着付け

 令和元年、最初の活動は、毎年恒例「端午の節句 鎧着付け体験」(於・板橋区立郷土資料館)のお手伝いでした。

 新緑の日差しの中、大きな鯉のぼりがはためき、着付けコーナーは大賑わい。

 紙鎧のうち、来館された方に好きなものを選んでいただき、着付けをお手伝いしました。

古民家の前の記念撮影のスポット等で老若男女の武者が思い思いのポーズを決めて写真を撮られていました。今回特別に用意された「令和」の額を持って撮影された方もいらっしゃいました。今年の参加者は過去最高の235名!でした。

 参加された皆さま、大変お疲れ様でした。また、今回参加できなかった方も、毎年5月5日に郷土資料館の中庭で実施予定ですので、ご参加をお待ちしております。

​ 勿論、「いたばし武者行列保存会」も準備から着付け等協力します。

​画像をクリックすると拡大表示されます。